gf1120110828l

 

 

大切な愛車を長く、長期間乗るためには、できる限り車の車体を新車の段階のときのように美しく維持することです。ですが、実際に車は「実用」で使用される限り、事故や汚れ、破損などのリスクは避けられません。キズ、ヘコミなどの問題は発生しないのが一番ですが、もし気になるようなことがあれば破損部分を修繕する方法が取られます。保険で対応することが可能な場合も多くあるので、意識して車体の整備を意識してみてはいかがでしょうか。

 
車体については、日頃から意識して車の状態を守るようにしていないと、キズだらけの車に乗る羽目になってしまいます。これは、車を単純な「走行の手段」と考えているのであれば問題ありませんが、長くドライブを楽しむというのであれば、車体もぴかぴかの状態で快適に乗れるほうが断然、気分もいいものです。特に車を大切にするという思いがあるなら、できる限り意識してキズやヘコミなどは回避するように努めてみてください。板金の技術を持ってすれば、余計なトラブルを回避して、無駄なことを避けることができるので、できる限り毎日の生活の中でキズやヘコミでストレスを感じないように、対応できるように意識を広げてみてはいかがでしょうか。